マンション修繕の悩みを解決する総合サイト

その修繕費、本当に適正ですか

修繕費が高いと思ったら

マンションは大規模修繕の他に、規模の小さなメンテナンス工事も行っています。いずれの工事でも、マンションの工事報告書を見るとマンション修繕費が高いケースがあります。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

まず、マンション修繕は管理会社や専門のコンサルタント会社から提案され、見積もりを取得した後、施工会社を決定・工事完了となりますが、その間の対応は管理会社やコンサルタントへ任せきりなのが実情のようです。

修繕工事は、状況や施工内容によって工事費が大きく異なり、相場が掴みづらいものです。見積りを見ても適正かどうかの判断がつきにくいことや、実際には必要のない工事を提案され、不必要な箇所に対して工事をされているケースもあるようです。

修繕費を削減するために

マンション修繕のトラブル防止の為、専門のコンサルタントを活用することは一般的なケースですが、中には不正にバックマージンを回収する等、悪質なコンサルタント会社もあるので注意が必要です。

管理組合は、管理会社やコンサルタントへ任せきりにせず、当事者意識を持って毎月の工事状況を確認することが大切です。実際に工事を行ってみたら、事前に実施した建物診断よりも状態が良く、工事も必要無かったということもありますので毎月の確認作業で施工会社と打ち合わせすることが大切です。

施工会社を選定する際にコンサルタント会社へ依頼せず、管理組合が直接相見積もりを取って施工会社を選定する方法もあります。直接交渉を行うため、時間がかかってしまうことが懸念されますが、外部の一級建築士やマンション管理士へ依頼して「施工会社選定のアドバイスのみ」や「施工チェックのみ」など必要な部分だけを依頼することもできます。


▲ TOPへ戻る